浜田麻里のシャウトとビブラートとハイトーンが楽しめる究極の10曲!

ミュージシャン

デビュー35周年を2019年に迎え、ますますの活躍が期待されているロックシンガーの浜田麻里(はまだまり)さん。

今回は、長年ファンであり、学生時代に浜田さんの曲をコピーしたこともある筆者の私が、彼女が得意とするシャウトとビブラート、そしてハイトーンが楽しめる曲を選んでみました。

私と同じように30年以上のファンのあなたも、また、最近彼女のことそ知ったあなたも、楽しめると思いますので、是非、このまま読み進め、浜田麻里さんの曲を聞いていって下さいね♪

 

浜田麻里のシャウトは若い時と変わらず!

初期からのファンにとっては、浜田麻里さんといえばやっぱり「メタルクイーン」のイメージが強いですよね。

(筆者の好きな曲の一つの「Don’t change your mind」です)

こちらは「AX」というバックミュージシャンと一緒にやっていた20代の頃のものです。

60秒たたないうちに、彼女の圧巻のシャウトぶりが見られますね。

 

そして2014年の「サマーソニック」での浜田麻里さん。

この時彼女は既に52歳。

30年以上たっても彼女のシャウトの凄さは変わりません。

 

浜田麻里のハイトーンは下がった?ビブラートは?

ヘビメタ好きで趣味のバンドを長年続けている私の友人によると、浜田麻里さんはオクターブ下げて歌ってるといいます。

彼女によると「20代の頃のようなハイトーンは出ないのではないか?」とのこと。

しかし先ほどご紹介した2014年の動画を見ると、そういう風に思えません。

たしかにビブラートは若干短いかな?という感じもしますが、ライブはそうなりがちですよね。

あなたはどう感じますか?

こちらは2019年の武道館での「浜田麻里35周年」ライブの様子のダイジェスト版です。

彼女のシャウトはもちろん、ビブラートやハイトーンをチェックしてみて下さい。

私は20代の頃とほとんど変わらないように聞こえてしまいます💦

ちなみに、こちらの記事で以前紹介したように、浜田麻里さんの肺活量は7000あるのではないか?という噂があります。

浜田麻里の身長は?体重は14歳から同じ!美人でかわいいのに声量と歌唱力がすごい!
先日はロックシンガーの浜田麻里が現在どうしているか?ということを中心にまとめました。沢山の方がお読み頂いております。ありがとうございます。今回は「芸能人の身長特集」ブログとして彼女の「身長」を調べたので書きたいと思います。

 

浜田麻里のシャウトとビブラートとハイトーンが楽しめる10曲!

それでは浜田麻里さんのシャウトとビブラートとハイトーンが堪能できる曲を一気に紹介していきます。

 

1. Don’t change your mind

まずは、さきほどご紹介した「Don’t change your mind」

リリース年月 1983年12月
収録アルバム 『Romantic Night~炎の誓い』
作詞・作曲  樋口宗孝

こちらは、2枚めのアルバム『Romantic Night~炎の誓い』に収録されていて、第一曲目。

後ほどご紹介しますが、このアルバムもデビューアルバムと同様、作詞作曲は「Munetaka Higuchi Project Team」の故樋口宗孝(ひぐちむねたか)さんです。

カラオケでにもあるほどで、浜田さんの曲の中では名曲です。

 

2. Noah (ノア)

リリース年月 1983年4月
収録アルバム 『Lunatic Doll〜暗殺警告』
作詞・作曲  樋口宗孝

浜田麻里さんのデビューアルバムに収録されている第一曲目です。

いきなり、パンチの効いた歌声に当時驚いた人も多かったのではないでしょうか。

ヘビメタルというと、なんとなく男っぽくて、長髪にスリムジーンズで近寄りがたかったイメージでした。

糸井重里さんによる「麻里ちゃんはヘビメタル」というキャッチフレーズも手伝ってヘビメタのイメージが変わってしまったと言える位、彼女のデビューはかなりインパクトがありました。

 

3. Rainbow Dream

リリース年月 1985年1月
収録アルバム 『Rainbow Dream』
作詞・作曲 浜田麻里

こちらは彼女の4枚目のアルバムに収録されている第一曲目です。

実はこのアルバム、全9曲にあの「B’z」の松本孝弘さんがギターで参加しています。

「B’z」のデビューは1988年でしたから、松本さんはデビュー3年前にこのアルバムに参加したということですね。

なお、このアルバムでは作詞作曲が浜田麻里さんのものも多いのですが、元「Make-up」の故松澤浩明さんが作曲している曲もいくつかあります。

(松澤浩明さんは2010年に心筋梗塞で亡くなられています。)

残念ながら、この曲(Rainbow Dreamだけ)はYouTubeでは見つけることができませんでしたので、こちらのリンクを貼っておきます。


RAINBOW DREAM

30秒だけですが視聴無料です。(これだけでも彼女のハイトーンボイスが分かります。)

ちなみにこのアルバムは「ゲイリー・ムーア」や「サバイバー」の曲をカバーしたものも収録されています。

 

4. Runaway from yesterday

リリース年 1983年4月
収録アルバム 『Lunatic Doll〜暗殺警告』
作詞・作曲 樋口宗孝

再度、ファーストアルバムから。とても美しいバラード曲です。

ちなみに、このファースト・アルバムとセカンド・アルバムまでは、故樋口宗孝さんがプロデュースしていましたが、次のサード・アルバム(「Misty Lady」)からは樋口さんから離れ、浜田さんがセルフプロデュースするようになります。

なお、樋口さんと浜田さんは交際していた噂(ほぼ事実?)があります。

(樋口さんは2008年11月に癌のため亡くなられています。)

ラウドネス樋口追悼「樋口宗孝がん研究基金」と弟子たち
一週間後の11月30日は、バンド「ラウドネス」の元ドラマーだった樋口宗孝(ひぐちむねたか)氏の命日です。「X JAPAN」のYOSHIKIにも影響を与えるほどの 偉大なドラマーでした。今回は10周忌ということもあり、彼を追悼する意味で、彼の...

 

5. Helter Skelter(ヘルター・スケルター)

こちらはビートルズの名曲を浜田麻里さんがカバーしたものです。

リリース年 1985年12月
収録アルバム 『Blue Revolution』
作詞・作曲  ジョンレノン、ポール・マッカートニー

私はかなり昔(それこそ30年位前?)、テレビで彼女がこの曲を歌っているのを見て、衝撃を覚えた記憶があります。

ヘビメタル版「ヘルタースケルター」はパワフル。元々のビートルズのオリジナルを知っている人は驚いてしまうかもしれません。

 

6.Nostalgia

リリース年 1990年9月
収録アルバム 『COLORS(カラーズ)』
作詞・作曲 作詞:浜田麻里 作曲:増崎孝司

この曲が収録されているアルバム『COLORS(カラーズ)』からは、CMに使われた曲も多く、この「Nostalgia」も「パリ・ダカールラリー」のテーマソングだったので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

さすがにCM用の曲ですから、「シャウト」はしていないものの、伸びのある声とビブラートが効いているのが分かりますね。

 

7. Fantasia

リリース年月 2008年7月
収録アルバム 『Reflection-axiom of the two wings』
作詞・作曲 作詞:浜田麻里 作曲:岸井勝

浜田麻里さんのデビュー25周年を記念して発売された『Reflection-axiom of the two wings』。

この「Fantasia」はこのアルバムの第一曲目に収録されています。

今から10年前の作品ですが、ハイトーンボイス、ビブラートがこの頃も健在だったことが分かりますね!

 

8. Stay Gold

リリース年 2010年2月
収録アルバム 『Aestetica』
作詞・作曲 作詞:浜田麻里 作曲:岸井勝

このアルバムには、あのギタリストの高崎晃(たかさきあきら)さんが参加しています!

高崎さんは浜田麻里さんの旦那さんという噂がありますが、違いますよ〜〜。

高崎晃の嫁(妻)は誰?子供は息子?浜田麻里との関係
先日、浜田麻里のことについて書きましたが、長年彼女と親交のある高崎晃のことについても述べました。今回は彼の嫁や子供(息子)についてを中心に書きたいと思います。ところで、高崎晃とはバンド「ラウドネス」のメンバーでギターを弾いています。...

前作から約3年近くたってのこのアルバムは、比較的ハードなものも多く、本来の彼女らしさが出ていたような気がします。

 

9. Momentalia

リリース年 2012年2月
収録アルバム 『Legenda』
作詞・作曲 作詞:浜田麻里 作曲:岸井勝

ロックさんが前面に出された勢いのある曲で、私も好きな曲です。

(先ほど紹介した前作の『Aestetica』と同様、この曲にも高崎さんが参加しています。)

この曲は2014年の「サマーソニック」でも演奏されました。

ところで、最初の方で紹介した(「Don’t change your mind」)時には気が付かなかったのですが、よく聴くと、確かに彼女の声、若い頃よりちょっと低くなったような…?? (気がしませんか?)

でも、伸びのある声とビブラートは変わっていませんね。

 

10. Return to Myself

リリース年 1989年6月
収録アルバム 『Return to Myself』
作詞・作曲 大槻啓之

この曲は1989年夏に、カネボウ化粧品のキャンペーンソングに起用されたもので、この当時はテレビでこの曲がしょっちゅう流れていた記憶があります。

(この時のCMは大塚寧々さんが出演していました。)

この曲は、浜田麻里さんの10枚目のアルバム『Return to Myself』に収録されている第一曲目で、9枚目のシングルとしてもリリースされました。

ちなみにこのアルバムは、浜田麻里さんにとって初の、オリコンアルバムチャート1位を獲得したものです。

ヘビメタルの麻里ちゃんから、日本の人気女性ロックシンガーとして広く認知されたのがこの曲ではないかと思います。

 

まとめ

今回は浜田麻里さんのシャウトとビブラートとハイトーンボイスが堪能できるおすすめの10曲をご紹介しました。

 Don’t change your mind.
Noah (ノア)
Rainbow dream
Runaway from yesterday
Helter Skelter
Nostalgia
Fantasia
Stay Gold
Momentalia
Return to Myself

いかがでしたでしょうか?

楽しんでいただけたら嬉しいです。

この他にもまだまだ沢山の素敵な曲があります。

私は初期の頃の作品が好きなのですが、機会があれば、また浜田麻里さんの曲をレビューしてみたいと思います。

そんな浜田麻里さんの現在は?というと・・・

浜田麻里は現在何をしている?デビュー35周年を迎えて結婚や恋の噂は?
昨年2019年10月にデビュー35周年を迎えたベテラン・シンガーの浜田麻里(はまだまり)さん。浜田麻里さんといえば、「元祖ヘビメタルの女王」として覚えている昭和世代の人も多いのではないでしょうか。実際、浜田さんは『麻里ちゃんは、ヘビ...

 

Pocket

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.