瑛人は売れる前は何をしていた?売れた理由は?| 収入は今どれくらいになったのかも考察

瑛人 ミュージシャン

2020年の「NHK紅白歌合戦」に初出場が決まった瑛人(えいと)さん。

『香水』で一躍有名になりましたが、ブレイク前は何をしていたのでしょうか。

シンガーソングライターの瑛人さんですが、売れる前は何をしていたのか、また現在の収入はどれくらいなのかについて考察・調べてみました!

 

瑛人の売れる前

瑛人さんは高校卒業後、進学せず一年ほどフリーターをしていました。

アルバイト先は横浜市内にあるハンバーガー屋さん(「ペニーズダイナー」)です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Penny’s Diner(@pennysdiner)がシェアした投稿

あるインタビューで、瑛人さんは「ハンバーガーが大好き 」だと答えていますので、このお店をアルバイト先に選んだのも分かりますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Penny’s Diner(@pennysdiner)がシェアした投稿

2017年からこのハンバーガー屋さんでアルバイトとして働いている瑛人さん。

上のインスタグラムの投稿はそのハンバーガー屋さんのもので、瑛人さんの活躍を祝福するものですが、「スタッフの〜」とあるので、今でもこのハンバーガー屋さんを辞めていないということが分かりますね。

 

そんな瑛人さんでしたが、当時、幼なじみのダンサーKANさんが夢に向かって一生懸命に頑張っている姿を見て刺激され、自分は「音楽(歌)」をやっていこうと決意します。

そして中高時代には触っていなかったギターを弾き始めます。

ちなみに、瑛人さんの家には音楽好きのお祖父さんの影響もあったギターなどの楽器が小さい頃からありました。

 

しかし音楽スキルを磨きたいと思った瑛人さんは「メザーハウス音楽院」という音楽学校に通い始めました。

そしてそこでシンガーソングライターの松本千夏さんと出会います。

 

瑛人が売れた理由

ご存知のように瑛人さんは最初から「事務所」に所属していたアーティストではありませんでした。

発表した曲も「インディーズ・レーベル」からのリリースで、プロモーション活動は全くありません。

ちなみに「香水」を含む3曲が入ったEPがリリースされたのは2019年4月でした。ところが1年ほどしてから大ブレイクするのです。

 

TikTokのおかげ?

実は『香水』のブレイクはアプリ「Tik Tok」が原因だったと言われています。

なぜなら、EPリリースから1年たった2020年4月に瑛人さんは「Tik Tok」にこれをアップしているのです。

そこから話題になりバズり、次第に認知されていくようになったのです。

 

特に「 FANTASTICS from EXILE TRIB」の中島颯太(なかじまそうた)さんがこの曲をカバーしたことも大きな影響を与えたと見られています。

 

楽曲「香水」そのものの魅力

勿論、『香水』そのものがもつ曲としての魅力が大ヒットになったことは間違いありません。

ゆったりとしたテンポでアコースティックなサウンドに癒やされた人も多かったことでしょう。

特に2020年は大変な時代でしたので、パワフルで攻撃的なものよりも癒やし系の音に人々は動かされたのではないでしょうか。

 

そして

「別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す 君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ」

という「失恋」の歌詞は多くの人に共感を得られ、

「ド~ルチェ・ア~ンド・ガッバーナ~」というサビの部分は覚えやすく記憶に残ることもあり、大ブレイク→「売れた」と考えられます。

 

瑛人の収入は?

『香水』が大ブレークした瑛人さんですが、

今までに、「Apple Music ソングチャート」「Spotify Japan バイラル Top50」「Spotify グローバル バイラル Top50」「LINE Music Top100」で一位を総ナメしました。

これだけのブレイクですから、今年2020年は瑛人さんには相当の収入があるのではないでしょうか。

 

カラオケ印税

これだけのヒットですから、当然カラオケで歌われる機会も相当多いはず。

カラオケの印税は1曲歌われるたびに2円から7円ほどだと言われています。

ちょっと古い情報になりますが、

2015年度のカラオケ参加人口は昨年より微増の約4,750万人と推測された。僅かではあるが、増加傾向が4年連続となった。
(出展:一般社団法人「全国カラオケ事業者協会」

 

一般社団法人「全国カラオケ事業者協会」の調査によると2015年にカラオケを利用した人は約4,750万人。

仮に、その内の「3分の1」の1,583万人の人が「香水」をカラオケで歌うと

1,583万人 ✕  2円(※最低印税と仮定)= 3,166万円

が印税で入ってきます。

もし「1曲 7円」だとすると1億円を超えますね!

 

YouTube収益

瑛人さんはYouTuberとしても有名です。

YouTubeでの一回の動画再生で0.05円~0.1円ほどの収益だと言われています。

 

瑛人さんのYouTubeチャンネルの登録者数は現在24万人ほど。

動画・『香水』の再生回数は1.3億回です。

単純計算してみると、

0.05円 (※最低単価と仮定)✕ 1.3億回 = 650万円

単価が0.1円なら 1,300万円

の広告収入になります。

しかも瑛人さんは現時点(2020年12月29日)で18本の動画をあげており、315万回、215万回再生などもあります。

それらを合計するとYouTube収益は今年1千万円を突破は固いのではないでしょうか。

 

アーティスト印税(CD)

アーティストはCDが一枚売れたらいくら、というアーティスト印税があるのはご存知だと思います。

「CD一枚あたり1〜3%の印税額」と言われていますが、瑛人さんは今の時点でCDはリリースしていません。

ですから今年彼に「アーティスト印税」は発生しません。

しかし2021年1月1日(金)に初のCD+DVDアルバム「すっからかん」を発売します。

既に多数の予約が殺到しているものと思われます。

 

まとめ

今回は今が旬の瑛人さんが

・売れる前に何をしていたのか
・売れた理由は
・収入は今どれくらいか

を調べて考察してみました。

今年2020年はおそらく1億円以上2億円近くの収入があるのではないかと予想されますが、ただ税金もありますので、実際はもう少し少なくなるのかな?と思います。

しかし2021年はCDアルバムの発売もありますし、新曲も出すでしょうから、ますます収入が上がるのではないかと期待されますね。

 

こちらも是非ばお読み下さい♪
瑛人の身長や学歴などプロフィールを徹底チェック![2020・紅白初出場]

 

Pocket

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.