岡田准一が持っている資格は師範レベル!どんなものを持っている? 取得した理由は?

岡田准一 俳優

岡田准一さんがものすごい筋肉の持ち主で、めちゃめちゃ鍛えていることは有名なことですね。

 

鍛えることにものすごく熱心になった時期があって、その勢いで資格まで取っちゃったんですって。

しかもその資格は師範レベルとか…。

そこで今回は岡田さんが取得した資格と、どんな資格なのか詳しくお話していきます。

 

岡田准一が持っている資格

岡田准一さんが持っている資格は、

・ジークンドー(截拳道)
・カリ
・USA修斗

この3つです。

これらは全て「格闘技」の資格なのですが、実際に格闘技をやったことがある人でないと馴染みがないと思います。

そこでこの3つの格闘技について、最初に簡単に説明します。

 

1:ジークンドー(截拳道)

『ジークンドー』(截拳道/Jeet Kune Do、Jeet kwun dao)は、なんとあのブルース・リーが考案したものです。

元々ブルース・リー式グンフーを教えていたブルース・リーですが、ロスに移ってから実践的な武術を作り上げたのがこの「ジークンドー」です。

全局面で戦うことを想定した総合技術体系で、「 打撃」「投げ」「極め」など、【最短で相手を倒す】ことを目的とした格闘技です。

 

2:カリ

『カリ』はフィリピンの武道で「カーリー/カリ」または「アーニス/アルニス」とも呼ばれていて、フリピンの国技として認められています。

また、フィリピンでは学校の体育の時間でやったり、国体の正式種目にもなっています。

素手、棒やナイフ、紐といった武器を用いた武術です。

近年ではハリウッド映画でも主流になっています。

 

3:USA修斗

「USA修斗」はタイガーマスクとして一世を風靡した佐山聡氏によって創設された格闘技です。

格闘技とは一般的に空手やボクシングなどのような「打撃的格闘技」と、レスリングや柔道のような「組技系格闘技」に分かれています。

「修斗」はこの「打撃的格闘技」と「組技系格闘技」の両方のルールを認めた「総合格闘技」です。

 

岡田准一はなぜ資格を取ろうと思ったの?

これだけ格闘技の資格を持っている岡田さんですが、これらの資格を取ったきっかけは何だったのでしょうか。

 

きっかけは2007年のドラマ『SP警視庁警備部警護科第四係』でした。

このドラマでは沢山のアクションシーンがあります。岡田さんは「SP(セキュリティポリス)」という役でした。

テロリストたちとも戦うこともあるこの「SP」をスタントマン無しで演じるために格闘技を始めたのです。

すごいプロ根性ですね!

 

岡田准一はこれらの資格をいつ取ったの?

それでは岡田さんはこの3つの資格をいつ取ったのでしょう?

 

こちらの「UMA日本振藩國術館」のサイトによると、岡田さんがカリとジークンドーのインストラクター認定を受けたのは2010年9月28日とのことです。

岡田准一資格取得
出展:http://www.bruceleejkd.com/headlinenews/okadajunichishiseishikishidouinninintei-2

 

ちなみに、インストラクター認定を受けた約一ヶ月後の10月30日に、映画「SP野望篇」が公開されています

 

なお、「カリ」と「ジークンドー」にはインストラクターのレベルがあるようで、2016年には岡田さんは資格のレベルが一つ上がったようですね。

また「USA修斗」に関しては、2017年に「USA修斗フルインストラクター認定試験」に合格しているようですね。


しかも日本人としては初の快挙ということで、こちらも素晴らしいですね!

 

まとめ

今回は岡田准一さんが格闘技系の3つの「師範レベルの資格」を持っているということについてお話しました。

再度言うと、岡田さんが持っている3つの資格とは

・ジークンドー(截拳道)
・カリ
・USA修斗

です。

ジークンドーとカリは最初にインストラクター認定されたのが2010年(その後、インストラクターのレベルアップ)、USA修斗は2017年です。

 

中村頼永氏の元10年間も修行をしている 岡田さん。

何か一つのことを10年も続けるってなかなかできないことですよね。

スタントなしでアクション演技ができ、今や貴重な存在として重宝される俳優になりました。

そんな岡田准一さんですが、格闘技だけではなく乗馬や英会話も上手にこなし、ジャニーズだけではなく後輩俳優に色々教えているようですね。

 

 

 

Pocket

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.