DA PUMPのISSA(イッサ)の身長はサバ読みあり?年齢は?「USA」はパクリ?

ダンサー

「DA PUMP」のISSAが結婚するというニュースが飛び込んで来ましたので、今回はISSAの「身長」、そして人気急上昇中の曲『U.S.A』のエピソードについて書きたいと思います!


DA PUMPのISSAの身長はどれくらい?

ISSAの身長は「169センチ」です。

パッと見、小柄なようにも見え、でも身長がそんなに低くも見えない彼。

169センチといえば、日本人男性の平均身長より若干(2cmほど)下回るくらいです。

 

DA PUMPのISSAの身長はサバ読みしてる?

ところで彼の身長はサバ読みはあるのでしょうか。

こちらの「一茶」は、お笑いコンビガリットチュウのボケ担当の福島善成(ふくしまよしなり)です。彼の身長は180センチです。

上半身しか映っていませんし、「一茶」さんの方があごをかなり引いているので単純に比較することはできませんが、二人の身長差は11センチ。むしろそんな身長差があるようには見えませんね。

 

こちらは女優の平愛梨(たいらあいり)とISSAです。こちらも上半身のみですし、平愛梨は女性なのでヒールのある靴を履いている可能性がありますね。

ちなみに彼女の身長は152センチと小柄。ISSAとの身長差は17センチのはずですが、こちらも、そんなに身長差があるようには見えませんので、おそらく彼女の靴のヒールのためかな?と思われます。勿論、これは筆者の推測です。

残念ながら、DA PUMPのメンバー以外の芸能人とISSAが並んでいて、全身が映っている写真を見つけることができませんでした。このため、これ以上の身長の検証は難しいかなと思います。

贔屓目に見るつもりはありませんが、「170センチ」ではなく「169センチ」というあたりにサバ読みのなさを感じます。

 

 

DA PUMPのISSAの年齢はいくつ?

ISSAは1978年12月9日生まれですので、2018年の7月現在で39歳です。

ついこの間位まで20代だったような気がするのですが、もうアラフォーなんですね!

ところで、彼の本名は 邊土名一茶(へんとな いっさ)/ 別名義 辺土名一茶といい、沖縄で生まれています。

実はISSAはクォーターで、父方の祖父がアイリッシュ系アメリカ人です。


確かに日本人離れした顔立ちですね。

幼少期から沖縄アクターズスクールに通っており、その頃は芸能活動にあまり興味がなかったため、途中でやめてしまいます。

再び17歳の時、高校に通いながら再度養成所に通い始め、その後、当時の「DA PUMP」のメンバーだった幸也、健、忍に合流して4番目のメンバーとなります。

そして1997年に「DA PUMP」としてデビューします。デビュー曲は「Feelin’ Good ~It’s PARADISE」。翌年には「紅白歌合戦」にも出場。

 

2001年に発売されたベストアルバム「Da Best of Da Pump」では、売上数128万枚のミリオンセラーという快挙。オリコン1位を獲得します。

しかし2006年にSHINOBUが酒気帯び運転で逮捕されたことがきっかけで、忍が脱退。その後、幸也と健も脱退してしまいます。

一時期活動を休止していたこともあり、ISSAは不遇時代を長く送ります。

 

DA PUMPの人気曲「USA」はパクリ?

活動歴22年にもなる『DA PUMP』ですが、オリジナル・メンバーだった幸也、健、忍は既におらず、現在の「DA PUMP」に残っているのはISSAだけで、あとは新メンバーです。(なお、現在の「DA PUMP」はISSAを入れて7名です。)

ところで、現在「U.S.A.」という曲が大ヒットしています。

この曲は2018年6月8日にエイベックスから正式発売されますが、実は発売前から既に大ヒットをしていました。

5月16日にYouTubeにこの「U.S.A」の動画がアップされるとあっという間に再生回数が100万回に!

SNSやTwitterなどで大拡散され、話題が話題を呼び、どんどんYouTubeの再生回数が増えて行きます。その後、大阪や東京等で発売前のイベントでは沢山のファンが駆けつけました。

「U.S.A」はキャッチーなメロディーにノリのいいユーロービート。

筆者もこの曲は好きなタイプなのですが、実はこの曲は完全なるオリジナルではなく、原曲があります。

1992年にイタリアの歌手、JOE YELLOW (ジョーイエロー)が歌った「USA」という曲が原曲です。この曲の焼き増しが、今ヒットしているDA PUMPの「U.S.A」です。

 

DA PUMPのUSAの歌詞は原曲とすごく違う?

ところで、このJOE YELLOWの「USA」の歌詞の意味とDA PUMPの「U.S.A」とはかなり違うようです。

 

JOE YELLOWのUSAの歌詞の日本語訳(一部 抜粋)

USA、おまえは欲望をむき出して俺を捕まえる
USA、おまえは俺の心の奥で炎と化す
USA、夜が終わる前に走り抜けろ
USA、俺のところに来るのはいいが俺を支配しようとするな

 

DA PUMPの「U.S.A」の歌詞(一部 抜粋)

U.S.A. オールドムービー観たシネマ (シネマ シネマ)
U.S.A. リーゼントヘア真似した (真似した 真似した)
U.S.A. FM 聴いてた渚 (渚 渚)
U.S.A. リズムが衝撃だった

 

DA PUMPの「U.S.A」はアメリカへの憧れの思いが歌詞であるのに対し、JOE YELLOWの歌詞では「USA」とはワイルドなイメージですね。

同じ曲なのに、この違いは面白いですね!

このDA PUMP「U.S.A」歌詞を書いたのは、事務所の後輩であり、w-inds.他のヒット曲を多数手掛けるshungo。

 

C’mon, baby アメリカ
どっちかの夜は昼間

 

楽しく、トンチキな歌詞と、ノリの良いテンポ、そして敢えて「ダサさ」を前面に出したこともあってか、YouTubeの再生回数は今や300万回を超えてしまいました(すごいですね!)。


2018年7月23日  視聴回数は300万回超え!!!

 

この10月には東京の「国際フォーラム」で単独公演が決まったという。見事復活した「DA PUMP」のこれからの益々の活躍を期待したいものです。

 

ISSAの結婚相手(既に入籍済み)について書きました。こちらもどうぞお読み下さいませ♫


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.