内田也哉子の若い頃と本木雅弘との馴れ初めと子供たちのことのまとめ

女優

母親の樹木希林が2018年9月15日に、その半年後に父親の内田裕也が2019年3月17日に亡くなり、娘である内田也哉子(うちだややこ)にとっては、たいへんな半年を過ごしたかと思います。

今回は彼女の若い頃や夫の本木雅弘との馴染まや子供達のことについてまとめました。


内田也哉子の若い頃

本名:内田也哉子(うちだややこ)
生年月日: 1976年2月11日

出身地:東京都

 

エッセイストであり女優であり、歌手でもある内田也哉子。彼女の若い頃を見ると母親である故樹木希林さんに似ていますね!


故樹木希林さん

内田也哉子は保育園と小学校は都内のインターナショナルスクールに通っていたと言われています。

都内にはいくつかインターナショナルスクールがありますが、彼女は「アオバ・ジャパン・インターナショナルスクール(目黒)」「西町インターナショナルスクール(広尾)」「アメリカンスクール(調布)」のうちのどれかに通っていたと言われています。

そしてインターナショナルスクールに在学中の9歳の時に、一年間アメリカのニューヨークにホームステイをします。

わずか9歳!しかも女の子です。一般家庭だったら海外に留学なんてさせなさそうですが、そこはユニークな親の教育方針だったのでしょうか。

その後、高校2年生の時にはスイスのジュネーブに留学をしますが、そこで写真やコラージュ制作などのアートを専攻します。

若い頃から「世界」を見て育ってきた子供だったことが分かります。

 

内田也哉子と本木雅弘との馴れ初め

彼女が本木雅弘と出会ったのは彼女が16歳の時。 母親の樹木希林に

「お父さんと食事してきなさい」

と言われ出かけたところ、そこに父親の内田裕也と同席していたのが本木雅弘でした。

父親と本木雅弘は映画『魚からダイオキシン!!』で共演しており、そんなこともあり一緒に食事をしていたのです。

その当時本木雅弘は26歳。10歳の年齢差の二人はお互いに恋愛感情はわかなかったようです。

しかしその翌年、本木雅弘がアカデミー賞の受賞式のナレーター役としてアメリカに行くことになり、彼女が通訳として同行することになりました。(この時に彼女は既に留学中でした。)

 

この時は本木雅弘は彼女に惹かれ、積極的にアプローチするようになります。彼が彼女に惹かれた理由は、

ルックスは若いのにしぐさや佇まいが大人っぽくてアンバランスな感じに惹かれたそうです。

わずか一年前には恋愛感情がわかなかったのに、この時本木雅弘が彼女に惹かれたのは通訳を通じて、彼女のことをより深く知ったからということでしょう。

本木雅弘は内田也哉子にプロポーズをしますが、そのプロポーズの言葉は、

私には白髪のあなたが想像できるし、そういうあなたが愛おしい、と思える気がする。
今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、私もそこに入れてください。

しぶがき隊の「モックン」を知っている筆者としては、こんなロマンチックなこと言えちゃう人だったんだーと驚きでした(笑)

更に驚いたことに、本木雅弘がプロポーズしたのは西麻布の割烹料理の「川奈」だったと言われています。イタリアンかフレンチレストランではなく「割烹料理」とは、若いのになかなか渋い!この夫婦のユニークさが分かりますね。

実はこの時彼女は「進学」か「結婚」か悩んでいました。それに対して母である故樹木希林は

「あのね、学校はいつでも行けるけど、結婚は分別がつかないうちにしたほうがいいよ」

とアドバイスしたそうです。二人の結婚は故樹木希林が後押ししたと言えます。

 

そして1995年に二人は結婚。彼女がまだ19歳の時でした。

彼女が一人娘ということもあり、本木雅弘が婿養子に入る形で結婚。(これは故樹木希林の希望だったそうです。)

結婚後は故樹木希林の提案で、二人は二世帯住宅で同居をすることになります。一階には故樹木希林が、二階には内田也哉子と本木雅弘の夫婦が住んでいました。

 

ところで後に、内田也哉子がなぜ彼を選んだかということについてこのように答えています。

「スバラシイような、クダラナイようなところをもっとのぞいてみたかった。」

この答え方も独特。彼女らしい言葉です。

 

内田也哉子と本木雅弘の子供は何人?

内田也哉子と本木雅弘は結婚後、3人の子供に恵まれています。

・長男の雅楽(うた)さん  1997年誕生
・長女の伽羅(きゃら)さん 1999年誕生
・次男の玄兎(げんと)さん    2010年誕生

 

内田也哉子と本木雅弘の子供:内田雅楽(UTA)

身長が195センチもある長男は現在大学生ですが、モデルとしてパリコレにもデビュー済みです。

彼のことについては、先日まとめてみましたのでこちらを是非お読みください。↓

本木雅弘の息子の身長は高くてパリコレでモデルデビューはしたのだけれど・・・
本木雅弘(もときまさひろ)といえば、元「シブがき隊」のメンバーの一人。(...といっても、30代以下の世代にとっては、「ハァ?何、それ?」って感じだと思いますが・・笑) 第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』で主演を...

 

内田也哉子と本木雅弘の子供:内田伽羅

長女も幼少期からインターナショナルスクールに通います。卒業後はイギリスのロンドン郊外にある寮のある女子校へ。

なお、彼女の学校名は

英国王室キャサリン妃も通われた英名門私立女子高
ダウンハウス・スクール(downe house school)を経て、
英超名門チャーターハウス・スクール(charterhouse school)

ではないかと言われています。

彼女は現在も学生ですが、かつて2009年に映画「eatrip」で母である内田也哉子と、2011年には映画「奇跡」2015年には「あん」で祖母である故樹木希林と共演しています。卒業後にはもしかしたら女優になるかもしれませんね。

 

内田也哉子と本木雅弘の子供:内田玄兎

2010年生まれの次男は今年9歳になります。

こちらは2015年に本木雅弘とこの次男が出演したテレビ「ぴったんこカン・カン」のときのもの。番組では本木雅弘の良きパパぶりが見られました。

 

内田也哉子と本木雅弘と子供は現在イギリスに移住

実は内田也哉子と本木雅弘一家は2010年にイギリスに移住しました。理由は長女のイギリス留学のため。

「娘さんの留学先は、一応は寄宿学校だったんですが、イギリスの学校は細々とした休みが多く、その間は学校を空けるという規則があるんです。里親をつけることもできたんですが、慣れるまでは自分たちでフォローしようということになって、イギリス行きを決めたそうです。」

当初は3か月のつもりだったんですが、本木さんの中で、これまでと少し違う風景を見たいという思いもあって、そのまま3年が過ぎたという状況なんですよ

 

現在はイギリスをベースにしている内田也哉子と本木雅弘一家。夫婦も子供達もグローバルな世界に生きているのは羨ましく感じます。

 

実は内田也哉子の父親の故内田裕也もグローバルな生き方をしていたんですよね…

内田裕也はヒット曲がなかったけどビートルズの前座をつとめ数年後にジョンレノンと知合い親交をを深めた[追悼]


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.