44マグナム(バンド)のポールの現在は?嫁は?息子と共演

ミュージシャン

44マグナム(44 Magnum)は19977年大阪で結成されたヘヴィメタルのバンドです。1970年〜1980年代のメタル界を牽引し、またビジュアル系ロックの先駆けとも言えるバンドです。

30代以下の人達は知らないかもしれませんが、「メタル好き」だった中高世代の人達にとっては懐かしいバンドだと思います。

現在も活動は続けていますが、今回はボーカルのポールについてまとめたいと思います!

 

44マグナム(バンド)のポールの現在は


デビュー当時の44マグナム

44マグナムのボーカル「ポール」の本名は「梅原達也(うめはらたつや)」。当時は「梅原ポール達也」と呼ばれていました。

上の写真の真ん中(左から二番目)の金髪がポールです。

そしてこちらが現在のポールです。↓

年齢は重ねたものの、ミュージシャンとしてのカッコよさは失われていません。

44マグナムは1989年に活動を休止しましたが、2002年にまた活動を再開しています。

 

 

44マグナムのポールは現在パーキンソン病を患っている

ポールは30代の頃から体に違和感を感じ始め、44歳の時にパーキンソン病」を患っていることを発表します。

国内に10万人はいるという難病のパーキンそう病。どんな病気なのでしょうか。

パーキンソン病(パーキンソンびょう、英: Parkinson’s disease)は、手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す、進行性の神経変性疾患である。

進行すると自力歩行も困難となり、車椅子や寝たきりになる場合がある。40歳以上の中高年の発症が多く、特に65歳以上の割合が高い。

 

とてもたいへんな病気であることがわかります。

30代から兆候を感じていたということですから、早い年齢での発症ということになります。

「50代で寝たきりか車椅子生活」を宣告されながらも、音楽活動を続けたかったポールは、通常の20倍以上の薬を飲んでステージに立ち、頑張り続けます。しかしそれがアダとなってしまい、症状が悪化。

もはや薬の投与だけではおさまらなくなり、2016年に手術をするこを決断します。その手術とは、頭の中に電極を埋め込み脳神経を制御するというものです。

とても難しそうな手術です。

 

44マグナムポールを支え続けている嫁は誰?

このようなたいへんな病気と闘っているポールを支えている嫁は誰なのでしょう。

以前出演した「ハートネットTV」で、、現在彼は東京都内のワンルームマンションで一人で暮らしている、というナレーションが入っていました。

ポールには3人息子がいるので、その子達の母親(妻)はいるはずです。しかし闘病のため敢えて一人暮らしをしているのかもしれません。(もしかしたら、離婚してしまったのかもしれませんが。)

残念ながら、ポールの嫁は一般人のようで、確かな情報は見つけることができませんでした。

いずれにしても闘病している彼に寄り添い、支え続けている女性がいるのものと信じたいですね。

 

ところで昨年の2017年8月に、ポールは都内で行われた「殴り込みギグREBORN2017」に、44マグナムのバンドのメンバーとして出演しました。(この他にバンド「アースシェイカー」が出演)

そのギグでポールは、

「俺はまだまだいける。35周年なんてくそったれだ。40周年、50周年までやってやる」

スポンサードリンク

と健在ぶりをアピール。

どうやら2016年に受けた手術は成功したようで、そのことにも触れています。

「手術が成功して、おかげさまでこうしてヘタクソな歌をみんなに聞いてもらえるようになりました」

「デビュー35周年に向けて「アルバムを作り、ツアーもやる。みんなアッというような事もやりたい」

ファンにとっては、とても嬉しい報告になったようです。

 

44マグナムのポールは息子と共演

ところで、ポールは手術を受ける前、まだ投薬治療を受けたいた頃、ステージに息子を上げています。

息子の名前は「STEVIE(スティービー)」。もちろんニックネームですが、残念ながら、実名は分かりません。

2009年に、この息子が44マグナムにメンバーとして参加します。つまり、44マグナムは父と息子のツインボーカルのバンドになりました。


息子と「No Standing Still」を歌うポール

STEVIEの歌を聞くと、彼のパワフルな声は父であるポール譲りであることがよく分かります。スティービーは元々他のところでバンド活動を行っていました。インタビューでポールは息子のことをこのように答えています。

 

P 44MAGNUMにスティービーが入ってから若いファン層が広がったね。彼には10代から30代くらいのファンが付いている。

M どんな経緯で息子が歌うようになったの?

P 俺がパーキンソン病で歌えなくなる時からだけど、前からバンドはやっていたみたい。

M スゴイね。どう教育したの?

P いちばん最初に聴いたのは、Boyz ? Menで、観に行ったライブは渋谷公会堂の44MAGNUM。俺が知らないうちに息子がバンドやっているという話を聞いて何をやっているんだと聞いたら、その時、スティービーはVelvet Revolverと答えたっけ。小さい時からスティービーは『お父さんと同じ職業に就きたい』と言ってたんだよね。

 

また、

P でも、お父さんはボーカリストではなく、プロゴルファーだと思っていたみたい。いつもゴルフばっかり行っていたから(笑い)。

というこぼれ話もあるようです(笑)。

 

パーキンソン病の手術に成功したポールですが、44マグナムのオフィシャルサイト見ると、ボーカルにはポールと、今も息子のSTEVIEがボーカルとして掲載されています。


ポールの息子のSTEVIE

これからも44マグナムはポールと息子のSTEVIEのツインボーカルで行くということなのでしょう。

パーキンソン病を乗り越えて、みごと復活した44マグナムのポール。これからの益々の活躍を期待したいと思います。

 

Pocket

スポンサードリンク
ミュージシャン
森重樹一の自宅はどこ?自転車で多摩川を走る?実家は国立?

先日、ZIGGYの森重樹一が長い間アルコール中毒で、そのため鬱病にもずっと悩まされていたことを書きま …

俳優
佐野勇斗の身長は?体重は?大学は明治学院大学?高校の卒アルは?

先日、岩ちゃんこと岩田剛典の身長やインスタやらかし事件について書きましたが、彼と佐野勇斗(さのはやと …

ダンサー
岩田剛典はインスタ361でやらかした画像が炎上❓元カノとは?

先日は岩田剛典の身長についての記事を書きました。今回は彼のインスタに関することについてまとめていきた …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.