藤田菜七子はかわいい騎手!年収(2018年)はどれくらい?身長や体重は?

スポーツ

みなさんは競馬はお好きですか?

実は、筆者は競馬にはあまり興味がありません。

しかし20年以上前に、友達と一緒に品川の多い競馬場に行って馬券を買った記憶があります。その時は全く儲けることはできず、「やっぱりね」という感じで終わってしまいました。

その後、JRA(日本中央競馬会)では、女性客も増やそうとしてか、デートにおすすめといったようなコマーシャルを打ち出したり、「賭け事」という色合いより、「お休みは馬を見に行かない?」といったようなテイストで宣伝していた記憶があります。

確かに、競馬場って年配男性が多いというイメージがありましたね(今でもそうかもしれませんが)。また、馬に乗る騎手たちも、ほとんど男性ばかりです。

そんな中、2016年に藤田菜七子(ふじたななこ)が騎手会にデビューした時は衝撃的でしたね。

それでは今回は彼女のこと、身長体重やプロフィール、そして気になる年収についてまとめてみたいと思います!


藤田菜七子の身長・体重は?

「芸能人の身長特集」ブログとして、まずは彼女の身長はどれくらいあるかを先に調べてみました!

藤田菜七子の身長は、157センチです。

日本人の成人女性の平均身長(158センチ)よりちょっと小さいくらいで、ほぼ平均的な身長と言えますね。

そして彼女の体重45キロです。

ちなみにこの数字は「JRA」のホームページからのデータです。

身長157センチ、体重45キロ。BMIの数字は「18.26」で「低体重」となります。

つまり「痩せ」ですね。

ちょっと心配にならないでもなりませんが、あんまり体重が重いのは騎手として好ましくないということなのでしょうか。

他の騎手を見てみましょう。

例えば福永祐一騎手。彼の身長は160センチとちょっと小柄ですが、体重は51キロです。BMIは19.92。「普通体重」ではありますが、限りなく「低体重」に近いです。


福永祐一騎手

もうひとり、横山典弘騎手。彼は163センチで、体重は49キロ。BMIは18.44で、藤田菜七子同様「低体重」です。


横山典弘騎手

余談になりますが、騎手になるため「競馬学校」に入る際には体重制限があり、なんと 45キロ未満 という厳しい条件があるのです!

そして卒業する頃には 50キロ前後で調整していきます。

だから今挙げた男性騎手二人の体重もこんなに軽いのですね!

そして藤田菜七子も騎手としてこの体重を維持しているということなのでしょう。

 

藤田菜七子のプロフィール

それでは、身長、体重以外の彼女のプロフィールについて見ていきましょう。

藤田菜七子

生年月日: 1997年8月9日
出身: 茨城県北相馬郡守谷町 (現在「守谷市」)
体重: 45.6 kg
好きな食べ物:肉
苦手な食べ物:きゅうり、スイカ、漬物

彼女が競馬の騎手を目指そうと思ったのは小学校6年生の時。テレビの競馬中継をを見ていてということでしたので、よほどその時見た競馬が彼女にとってインパクトがあるものだったのでしょう。

 

藤田菜七子の性格は?

彼女の性格は、

母親からみると、家族では一番のしっかり者で負けず嫌い。小学生のときは引っ込み思案で表に出て行くことが苦手だったという

という情報があります。

「引っ込み思案」というのはなんとなく意外な感じもしなくはないですが、インタビューの様子を見ていると、おとなし目で、「自分が、自分が」というタイプではなさそうです。

そして、「負けず嫌い」というのは納得ですね。だからこそ厳しい「競馬学校」の生活にも耐えられたのでしょう。

ちなみに「JRA競馬学校」は全寮制で朝は5時半に起床。学科の勉強やトレーニングをして、消灯時間は22時。外泊はできません。

とても厳しい生活に耐え抜いたということが分かります。

 

藤田菜七子の出身中学は?

茨城県に生まれた彼女は、地元の守谷市立けやき台中学校に入学しています。

ちなみに彼女は小学校〜中学校の頃、空手と剣道を習っていて、どちらも「段」の腕前。やはり運動神経が良かったということですね。

この中学を卒業後、2013年に競馬学校第32期生として入学します。

 

藤田菜七子の年収 ・2018年はどれくらい?

2013年「JRA競馬学校」に入学した藤田菜七子は2016年に卒業し、騎手免許を取得し、みごと騎手としてデビューします。

騎手として3年目になる彼女ですが、年収はどれくらいなのでしょうか。

2018年の彼女の競馬の獲得賞金「3億3,763万円」です。

実際の収入はこの獲得賞金の5%ほどだと言われていますので、計算すると、

およそ「1688万円」ほどになります。- (A)

そしてこれだけではなく、騎手奨励手当が 「1,560万円」ほど支給 されています。- (B)

この2つを合計すると3,248万円ほど。

 

なお、藤田菜七子は「ホリプロ」に所属しています。

去年ホリプロ経由で仕事があったかどうか、またどんな契約をしているのかは分かりませんが、そこからの収入もあるかもしれません。

いずれにしてもまだ21歳で、騎手としてまだ駆け出しなのに、すごいですね。

そして今年はもっと彼女の年収は伸びるのではないでしょうか?

 

藤田菜七子 まとめ

16年ぶりの女性騎手誕生。今までに女性騎手は彼女を含めて7人しかいませんでした。

1996年:田村真来、細江純子、増沢由貴子
1997年:板倉真由子戸押田純子
2000年:西原玲奈

現在の競馬の騎手界では紅一点の藤田菜七子ですが、目標にしているのは、ジュージーランドの女性騎手リサ・オールプレスとのこと。

去年位までは、まだあどけなさの残る顔立ちでしたが、どんどん女性らしくなってきていますね。今後は熱愛の噂なども出てくるのでしょうか?

騎手としても、プライベートも楽しみで目が離せませんね。

 

「吉田沙保里の引退した理由にパワハラがあった?結婚は外国人とさせたいという父と炎上したRIKACOの発言 


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.