葵わかなの身長・体重、本名、高校や大学は?子役時代がかわいい(画像あり)

女優


子役として芸能界入した葵わかな(あおいわかな)。ですが、彼女ももう20歳になりました。(早いものですね!)

今回は彼女の身長、体重など中心に書いて行きたいと思います。

また、プロフィールや、彼女の子役時代のことを振り返りたいと思います。


葵わかなの身長、体重はどれくらい?

彼女の身長は 158センチ

所属事務所のスターダストプロモーションのホームページには、彼女の身長や情報の記載はなく、「日本タレント名鑑」からの情報です。

158センチといえば、日本人の成人女性の平均身長と同じです。

 

葵わかなと他の芸能人の身長差は?

ところで、葵わかなの身長にサバ読み疑惑はあるのでしょうか?

なさそうな気がするのですが、「葵わかな 身長 サバ読み」で検索をしている人が一定数いるらしいのです。

なぜ、そんな風に思う人がいるのは分かりませんが、ここは「芸能人の身長特集」ブログらしく、検証してみたいと思います。

 

葵わかなと松坂桃李の身長差

左側は俳優の松坂桃李(まつざかとおり)です。

彼の身長はこちらでもご紹介したとおり183センチと、とても高いですね!

松坂桃李の身長は?大学の偏差値は?中国人っぽい名前は父親(大学講師)がつけた
松坂桃李の身長と大学の偏差値と桃季という名前の由来

葵わかなと彼の身長差は25センチ。かなりありますね。

男性の頭のてっぺんから顎の先までの長さの平均は24センチ位です。

183- 24 cm  = 159 cm 

葵わかなのあたまのてっぺんは、ちょうど松坂桃李の顎の先のあたりにありますね。

となると、彼女の身長の158センチというのは妥当だと言えそうです。

 

葵わかなと竹内涼真、二宮和也との身長差

こちらの画像では下半身が映っていないので、靴の高さとか分かりません。

正確なことは分かりませんが、右の竹内涼真の身長は185センチ二宮和也の身長は168センチと言われています。

二宮和也とはちょうと10センチ差。そして竹内涼真とは27センチ差です。

松坂桃李の時と同様、男性の頭のてっぺんから顎の先までの長さの平均は24センチほどを引いてみると。

187- 24 cm  = 162 cm 

葵わかなの頭のてっぺんは、竹内涼真の顎よりも下にありますね。顎まで3〜4センチ、もしくは4〜5センチ位はあるでしょうか。

これも、身長差には矛盾がないと言えそうです。

この二つの画像で比べてみると、葵わかなに身長のサバ読みはないと言って良さそうですね。

 

ちなみに、葵わかなの体重は公表されていません。

彼女のスタイルを見ると、45キロ前後なのかな?という印象を受けます。

身長158センチの人の標準体重は54.9キロですが、彼女はそんなに体重があるようには見えませんね。

 

葵わかなのプロフィール

ここで彼女のプロフィールを確認してみましょう♪

 

葵わかなの本名は?

2013年の3月25日の彼女のブログに、ファンからの質問に答える投稿がありました。それによると、


わかなは本名ですよー

と、「葵わかな」の「わかな」は本名だと答えています。

ただ、漢字なのか、また苗字は何というのかまでは答えていません。

ちなみに、このときのブログの投稿では、当事の身長は「157センチ」と答えていますので、6年前と比べると1センチは伸びていることになりますね。

(ということは、14歳からは1センチしか身長が伸びていないってことですね。)

※なお、葵わかなの苗字は『富(とみ)』ではないか?という説があるようです。

 

彼女の生年月日は、1998年6月30日。神奈川県出身です。

血液型はA型で、事務所のホームページには趣味が、

宝塚観劇、猫を愛でること

と書かれてあります。

「猫を愛でること」っていう表現、なんだか愛らしいですね。彼女が猫と遊ぶ姿が想像できますね。

 

葵わかなの高校は?大学はどこだった?

彼女は神奈川の出身ですが、高校は都内の東京世田谷区にある『日本女子体育大学付属二階堂高校』を卒業しています。

この高校の偏差値は「41」ほど。さほど高くありません。

ところが!!!

彼女は高校卒業後、『慶應義塾大学』の「総合政策部」に入学しています。

慶応大学の総合政策部といえば、偏差値は「70」と難関です。

高校の偏差値からすると、慶應義塾大学に入るというのは、かなりの驚きなのですが、彼女は「一般入試」ではなく「AO入試」で合格し、入学をしたのです。

「AO入試」というのは、

大学の入学管理局(admissions office)による選考基準に基づいて、学力試験を課さず、高等学校における成績や小論文、面接などで人物を評価し、入学の可否を判断する選抜制度

で、1990年に慶應義塾大学が初めて行いました。

 

学力試験がないので、彼女は「ズルして入った」と一部からはやっかまれているようですが、

女優業の合間をぬって、面接と論文に備え、猛勉強

さまざまなジャンルの本を1日に3冊読んだり、慈善活動について調べたり、毎日新聞も読み、気になる記事をチェック。撮影現場にも本を持参し、ホテルでも勉強

睡眠時間は削られたが、「やっていることが興味のあることだったので苦じゃなかった。あとは…気力ですね!

と、合格発表後のインタビューでこのように答えおり、学力試験がないながらも必死に勉強したようです。

また、彼女は、慶応義塾大学を選んだ理由については、

もともと勉強好きで、特に世界史が得意だった葵は、幼いころから慈善活動に興味を持っており

ずっと勉強したいなと思っていた。でも、女優業も続けたくて」と考え抜いた日々を告白。

高校2年の夏、本格的に進学を考える中、慶大の総合政策学部が文系から理系まで幅広く学べ、授業選択の自由度も高いことを知り、同学部を目指すことを決意した。

と答えています。

 

葵わかなはハーフ?

目鼻立ちがハッキリしているため、

「葵わかなはハーフ?」

と噂されているようですが、こちらは単なる噂で、彼女の両親は日本人だと言われています。

 

葵わかなの子役時代(画像あり)

葵わかなは小学5年の時に、原宿でスカウトされ、2009年にファミリーマート「霧島の天然水」のCMでデビューをします。

その後、「アート引越センター」「地盤ネット」などCMに多数出演します。そして映画「暗殺教室」やTBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」などにも出演し、現在、若手女優として活躍し期待されています。

上の画像を見ると、やはり、「まだ子供」ですね。

その後、彼女は、2012年12月~2014年7月まで「乙女新党(おとめ しんとう) というグループで活動していました。


「乙女新党」( 葵わかなは右から2番目)

グループ結成当事、彼女はまだ中学生。まだあどけなさが残っていますね。

2014年7月にこのグループを卒業しますが、卒業理由は

「お芝居を中心にがんばっていきたい」

とのこと。

この頃からも「女優」として将来を見据えていたのですね。

ところで、余談ですが、彼女は双子(妹)で、お姉さんがいるそう。お姉さんは青山学院大学に通っているという噂です。

 

「中学聖日記」で注目されている小野莉奈は葵わかなより2歳年下です。

小野莉奈の身長・体重、年齢は?高校はどこ?


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.