『エリカ38』は浅田美代子が主演する実話がモチーフの映画

女優

『エリカ38』が明日6月7日から公開されます!

この映画は実際の事件をモチーフにした作品で、主演は浅田美代子。誰もが知っている女優さんです。

今回は、「エリカ38」についてあらすじや公開日などをご紹介します。


『エリカ38』に浅田美代子が主演

「エリカ38」の主演は浅田美代子(あさだみよこ)です。

浅田美代子は1956年2月15日生まれ、現在63歳です。
芸能界デビューは1973年、今となってはベテラン女優です。

彼女の詳しいプロフィールなどはこちらを御覧ください。
→「浅田美代子は樹木希林さんの最初で最後の企画の映画に出演

浅田美代子は樹木希林さんの最初で最後の企画の映画に出演
浅田美代子(あさだみよこ)と言えば昭和のアイドル・スター。現在は女優として活動していますが、バラエティ番組に出演すると、その「天然キャラ」ぶりに笑ってしまいます。 その彼女が故樹木希林さんの企画した映画に主演女優として出演します。 ...

そんな彼女が演じるのが主人公の「エリカ」です。

実際の事件をモチーフにした本作は、60歳を過ぎていながら自らを38歳と偽り、色香と話術で人から金を巻き上げていた女・エリカの物語

“色気”と“話術”で人から金を巻き上げる…とても難しそうな役です。
しかし、浅田美代子であれば独特の“色気”でエリカを演じきれるでしょう。

浅田がエリカ役、木内みどりがエリカの仲間・伊藤信子役山崎静代がエリカの家政婦・小島マリ役を演じた。また菜葉菜がエリカの元同僚・愛佐伯日菜子がエリカの詐欺被害に遭った男性の妻・玉木香代子として出演する。

そして浅田美代子の他にも豪華なメンバーが出演します。
サスペンス好きにはたまらない作品と言えるでしょう。

 

『エリカ38』のあらすじ

「エリカ38」のあらすじをご紹介します。

渡部聡子・自称エリカ(浅田美代子)は、愛人・平澤育男(平岳大)の指示のもと、支援事業説明会という名目で人を集め、架空の投資話で大金を集めていた。
だが実は、平澤が複数の女と付合い、自分を裏切っている事を知る。

彼女は平澤との連絡を絶つと、金持ちの老人をたらし込み、豪邸を手に入れた。
老人ホームに入っていた母(樹木希林)も呼び寄せ、今度は自ら架空の支援事業の説明会をおこない金を詐取していく。旅先のタイで、若者ポルシェと出会う。
恋に落ちるエリカ。蜜月の時。だがもう警察の手はすぐそこまで伸びていた。

とにかく“人の裏切り”が多い作品なのかな?という印象を受けますね。ドキドキハラハラする内容は、視聴者を満足させてくれるものだと思います。

また、恋愛模様も気になります。
悪事に手を染めながら、警察に追われながら、恋に落ちながら…。 男性も女性も楽しんで見られる作品でしょう。

 

『エリカ38』の公開日

「エリカ38」の公開日は2019年6月7日です。上映時間は104分。映画の制作は2018年に行われました。

ところで、一般の人たちはこの映画が公開されることについてどう思っているのでしょうか?「エリカ38」についてTwitterの反応をまとめました。

この間の紹介から『エリカ38』観に行きたいと思ってる。
みよちゃんだからできる役だと思ってます。
モデルになったあの人より、みよちゃんの方が若く見えるけど。

 

エリカ38 早く見たいな

 

エリカ38観にいきたいなあ、これ山辺節子の事件がモチーフだよね、そういうのめちゃすきなんだよなあ、結婚詐欺とか

 

この他にも、「エリカ38」を見たい!!! という声が沢山聞かれています。非常に期待度の高い映画だということが分かります。

 

『エリカ38』は実話

実は「エリカ38」は、実話をモチーフにして作られた作品と言われています。

2017年4月に出資法違反で国際手配後、タイで逮捕された“つなぎ融資の女王”こと山辺節子受刑者を題材にした映画

この事件、一時期とても有名になった事件です。

山辺節子受刑者は、イベントなどで知り合った男性や女性などと飲食を共にし交流を深め近づき『元本保証でその上、10ヶ月で約2倍』を口説き文句に、一般投資家約50人に約7億円の詐欺を働き、投資詐欺で得たお金を元手にタイに逃亡しますが、その後、出資法違反で国際手配され、タイ東部で入国管理法違反の疑い、出資法違で逮捕されました。


犯人・山辺節子

あらすじと見比べると、確かに内容が酷似しています。

映画ナタリーでも「エリカ38」のインタビューの際、

“実際の事件をモチーフにした本作”

と表現していることから、この事件をモチーフにしたことは明らかだと思います。

そしてこの事件の山辺節子受刑者は、

逮捕当時62歳だったにもかかわらず“38歳”と偽り、聖子ちゃんカット風ヘアスタイルにカチューシャをし、両肩が丸見えの白いブラウスにショーパンをはいて、『私はエリ子38歳』が通称で、おまけに豊胸手術も含め、およそ800万円を整形手術もしていた

とあるように、世間をビックリさせたことで有名です。

この「私はエリ子38歳」と言っているように、この名前から「エリカ38」という映画となったのでしょう。

 

『エリカ38』は樹木希林が企画

「エリカ38」は、実は今は亡き樹木希林が企画したことでも有名です。


故樹木希林さん

昨年9月に亡くなった女優の樹木希林さんが初めて企画した「エリカ38」

また、自らも生前にエリカの母親役として出演しています。

実在の事件をモチーフに、“38歳”と偽り男たちをだまし、最後は異国の地で逮捕された60歳過ぎの渡部聡子=自称エリカの姿を描いた。浅田にとっては、45年ぶりの主演映画。樹木さんは「浅田の代表作になってほしい」という思いから本作を企画し、自らもエリカの母役で出演している。

樹木希林の最後の作品としても注目の映画、是非ご覧ください。

 

まとめ

「エリカ38」は実際にあった事件をモチーフにして作られた作品です。
主演は樹木希林と仲が良かった浅田美代子。

樹木希林の最後の作品として楽しみなものだと言えるでしょう。

 

内田裕也の身長と若い頃の画像(樹木希林さんと)と現在 

内田裕也の身長と若い頃の画像(樹木希林さんと)と現在
昨日2018年9月30日に女優の故樹木希林(きききりん)さんの告別式・葬儀が行われました。 喪主は当然ながら夫である内田裕也。 長年別居しながら、子供の内田也哉子(うちだややこ)さんにもその関係を理解できなかったと言わしめた内田...

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.