君島十和子の娘(長女)は宝塚のスターで次女もかわいい?

ファッションモデル

君島十和子(きみじまとわこ)…。

といっても、今の若い世代の方達はご存知ないでしょう。

彼女は元モデルで元女優。現在は芸能界を引退していますが、実業家として活躍しています。

とても美しい君島十和子。とても50歳を超えているようには見えません。そして実は彼女は2児の母親だったのです。しかも長女は宝塚スターらしいですよ。次女は一般人ですが、とてもかわいいと有名です。

そんな君島一家のことについてまとめてみました。


君島十和子の娘は何人?

美しすぎる50代と言われている君島十和子。美しい彼女も実は2人の娘の母親なのです。

まずは君島十和子のプロフィールを見ていきましょう。

君島十和子(きみじま とわこ)は、1966年5月30日生まれの52歳です。

身長167cm体重48kgスレンダー50代美女として一躍有名になりました。

日本女子大学附属豊明幼稚園に入園後、附属高校まで進学しています。

中学生のころより『mc Sister』や『週刊セブンティーン』でモデルとして芸名「吉川十和子」で活動をしていました。

高校3年生の時には、「’85JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれ1986年には雑誌『JJ』の専属モデルとなりました。

1988年には、NHK銀河テレビ小説『新橋烏森口青春篇』で女優デビューを果たし、その後はドラマや映画、舞台など、幅広い活躍を見せていました。

1995年12月に君島明(現在は君島誉幸と改名)と結婚し、芸能界を引退し、1997年に長女2001年に次女を出産しています。


君島十和子・君島誉幸夫妻

夫である君島誉幸は、日本の有名デザイナーでもあった故君島一郎氏の婚外子です。


故君島一郎氏

故君島一氏が創設したブランド「KIMIJIMA」は、社交界や上流階級などのセレブ達に好まれ、皇族の中にもこのブランドの愛用者がいました。このことから、

”皇族もお召しになる”といったイメージが添えられるようになり、それにより世の女性の間で”憧れのブランド”との位置づけを得ることにも成功、一時期、日本のオートクチュール界で一大勢力を誇った。

と、ブランドの中でも格上といったイメージが持たれるようになり、当事その跡取り息子と考えられていた君島誉幸との結婚は、まさに玉の輿婚だったわけです。

しかし、この後、故君島一郎氏の長男と誉幸氏は骨肉の争いを広げることになります。

(この骨肉の争いだけでも一つの記事になりそうなので、ここでは掘り下げず、またの機会に書きたいと思います。)

 

芸能界を引退後、彼女は夫・君島明が代表を務める君島インターナショナルのスーパーバイザーとして活動をしており、「フェリーチェトワコ・コスメ」という自身の化粧品ブランドを立ち上げ、化粧品のプロデュース活動を行っています。

 

君島十和子の娘(長女)は宝塚

君島家の長女として生まれた憂樹(ゆうき)。

母親である君島十和子の影響で、小さいころから宝塚を目指していました。

君島十和子自身も小さいころから宝塚ファンで、熱心に劇場に通い詰めており、将来の夢は宝塚スターでしたが、その夢が実現することはありませんでした。しかし、宝塚スターになるという夢を、長女が叶えたのです。

憂樹は、将来宝塚に入団するため、小さいころから都内のバレエ教室に通っていました。宝塚音楽学校の受験は、1度目は失敗に終わってしまいましたが、2度目の挑戦で見事合格したのです。

こうして日本女子大学附属高等学校から宝塚へと進んだ彼女。

ちなみに母親である君島十和子がもともと芸能界で働いていたことから、コネ入学では?と思われがちですが、宝塚はコネ入学は一切認められていません。ですので、憂樹の完全なる実力で入学しています。

競争率26.6倍ですから、並大抵の努力では合格しません。宝塚に在籍しているというだけで、とてもすごいことなのです。

また、2016年には、演劇部門で優秀賞を受賞しています。彼女が属する102期の39人中13番目の成績ということで、意外と普通だと話題にもなっています。

 

君島十和子の長女はタカラジェンヌの蘭世惠翔

長女・憂樹は、今現在蘭世惠翔(らんぜけいと)として月組に所属している男優です。

蘭世惠翔は身長が170cmもある長身で、母親である君島十和子に似て、スタイル抜群です。ファンからは、「ゆうき」「らんぜ」という愛称で親しまれています。

蘭世惠翔という名前、とても難しいですよね。この芸名の由来は、

「恩師より一文字もらい、家族と考えた」

と蘭世惠翔がコメントしています。

芸名を付けるにあたって、母親の君島十和子が信頼を寄せている占い師に占ってもらいました。

その占い師はイヴルルド遥華という人で、道端ジェシカとF1レーサーのジェンソンバトンとの結婚の際にも助言を言ったことで知られる、とても有名な占い師です。多くの芸能人やセレブ達御用達の占い師ということで界隈では有名です。

では、蘭世惠翔の演技面での実力はどうなのでしょうか。

さすが母親のスター性などを引き継いでいるということもあって、観客を魅了する力は他者には引けを取らないくらいにすごいものがあります。蘭世惠翔が月組に入団したのは2016年ですし、今後更に活躍の場を広げていくことは間違いありません。

彼女の演技など詳しいことは、また別の機会に書きたいと思います。

 

君島十和子の次女はみゆき?画像はある?

君島家の次女として生まれた幸季(みゆき)。

長女・憂樹とは違い一般人ということで、詳細は明らかにされていません。残念ながら写真もありませんでした。しかし、母親と姉を見る限り、とても美しい顔立ちの女性だということは間違いなさそうです。

ネット上では度々、姉と一緒に宝塚と噂になるようですが、君島十和子のSNS等でもそのような話は一切出てきていないですし、信ぴょう性に欠けます。

幸季は、ももクロのファンらしく、2016年には親子でももクロのライブに参戦しました。君島十和子もDVDで予習をして、ライブに望みました。

 

まとめ

君島十和子が2児の母親ということにまず衝撃でした。あんなに美しい50代って本当に存在するのですね。そんな美しい母親を持って、娘たちも幸せでしょう。

長女は宝塚という情報にも驚きました。しかも男優なのですね。写真を見るととてもかっこよくて、実際に舞台を見に行きたくもなりました。蘭世惠翔という芸名もとてもカッコイイです。

一般人ということで顔は非公開でしたが、次女がどんなに美女なのかも気になるところです。
これからも君島十和子と蘭世惠翔の活躍を応援していきたいものです。

 

岡田奈々は現在も劣化せず!結婚はしていない昭和のアイドル 

Pocket

スポーツ
藤田菜七子はかわいい騎手!年収(2018年)はどれくらい?身長や体重は?

みなさんは競馬はお好きですか? 実は、筆者は競馬にはあまり興味がありません。 しかし20年以上前に、 …

女優
上原多香子は旦那のコウカズヤがヤバイ?元旦那のTENNの遺書とは?

以前、女優の上原多香子(うえはらたかこ)の妊娠と再婚のことについての話題を書きました。 あれから8ヶ …

バラエティタレント
藤本美貴と庄司智春は結婚10年で夫婦円満の秘訣は?浮気は許す?

タレントの藤本美貴と、お笑い芸人の庄司智春が結婚10周年を迎えました。 藤本美貴が先日行われたイベン …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.