花田優一の靴が届かないトラブルと靴工房の評判について

男性

先日、貴乃花親方(貴乃花光司)が相撲協会を退職し、さらに嫁である「景子さん」とも離婚したのは、まだ記憶に新しいところですが、二人の子供である花田優一(はなだゆういち)もちょっとしたトラブルを起こしているようです。

今回はこのことについて調べてまとめてみました。


花田優一は父が貴乃花で靴職人

冒頭で書いたように、花田優一(はなだゆういち)の父親は元力士・親方の貴乃花です。そして母親はフジテレビでの元アナウンサーだった河野景子(こうのけいこ)さん。花田優一は長男で、1995年9月27日 生まれ。現在(2019年1月)23歳です。

上の画像の右側は彼の父親である貴乃花です。

 

花田優一の身長は低い

このブログはもともと身長ブログなので、彼の身長も書きたいと思いますが、花田優一は身長は公表していません。

上の画像を見ると父である貴乃花がかなり大きく見えますね!また、下の画像は親子(右:貴乃花、左:花田優一)が二人歩く後ろ姿ですが、10センチ以上の身長差があるのではないかと思われます。

貴乃花の身長は183センチ。かなり高いです。

なお、花田優一は身長が低いため力士になれなかったのでは?という「噂」もあるほどです。

勿論、当の本人は、「相撲取りになりたいとは一度も思わなかった」と言っています。

ちなみに、力士になるための「新弟子検査」では、2012年までは身長が173センチ以上なければなりませんでした。現在は緩和されて、167センチ以上で合格です。

 

さて、力士を目指さなかった彼は15歳でアメリカに留学し、その後、イタリアのフィレンツェで3年間、靴職人としての修行をします。

上の画像で、日本人にはないオシャレのセンスを持っているように見えますが、やはり外国に長く暮らしたからなのでしょうか。

 

花田優一は靴工房をやっている。場所は?

さて、「靴職人」となった彼は現在「靴工房」を主宰しています。名前は「Angelo pico」といい、工房の場所は彼の自宅である東京の品川区。店舗は持っていないようですね。

 

花田優一の靴の通販もある?

花田優一に靴を作ってもらいたいときには、彼のブログやインスタグラムからまず連絡をする必要があります。

ちょっとこれだと敷居が高いですよね。通販があったら便利だろうな、と思うのですが、Amazonや楽天のような通販サイトからはオーダーすることはできません。

あくまでも「オーダーメイド」で、月に3〜4足位しか作れない手作りですから、通販というのは無理な話ですね!

 

花田優一の靴の価格(値段)はどれくらい?

それでは彼の作る靴の価格はどれくらいなのでしょうか?

サイズや色によっても異なりますが、彼の靴の値段は約20万円でオーダーできると言われています。

「20万円」というと驚く方もいるかもしれませんが、東京の銀座にある、とある靴工房でも、初めての紳士靴のオーダーは16万円からと料金表に書かれてあるので、花田優一の靴の価格は驚くほどのものではなさそうです。

 

花田優一の靴の評判は?

それでは、彼の作った靴の評判はどんなものなのでしょうか。

ネットでは、「いい」というのと「下手」というのと2つに分かれるようですね。

こちらは彼がイタリアでまだ修行した頃に作ったというもの。

どうでしょう?筆者の目には、「下手くそ」には映らないのですが。。。

また、こちらは「革靴が得意ではない」というお花屋さんが注文した靴↓

あまりない感じの配色の組み合わせのもので、ことさら「下手くそ」だとは感じられません。

勿論、この2つは花田優一自身が撮影したものなので、より良く見える位置で撮り、光も調整できると思うので、よく見えるのかもしれません。

ところで、明石家さんまは、2019年1月13日放送の『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)で、花田優一の作った靴を絶賛しています。

するとさんまは、「靴の腕はイイよね」と優一さんの職人としての腕前を評価。満足げに「オレ、今でも履いてるもん」と以前作ってもらった靴を愛用していることを告白。さらに、さんまが右足に重心をかけることから「右足(の靴底)を厚くしてくれた」と、歩く癖を見極めて優一さんが作ってくれたと語っていた。

 

花田優一の靴は下手?

しかし、こちらはどうでしょうか?

後ろの切り替え部分がなければ、リーズナブルな靴屋さんで売っている5千円程度の靴に見えなくもありません。

スポンサードリンク

またこちらはテレビ映像からのものですが、靴がくたびれて見えます。履いている人の靴の扱いに問題があるのかもしれませんが。

ある靴の職人さんは、彼の作った靴を見てこのように評価をしています。

さらに、花田氏の靴を見たその靴職人は「英国の靴の学校の1年生は、みんなこの程度作ってます」と答えたそうだ。

厳しい評価ですが、靴職人としてはまだ一人前ではないと見るプロもいるということは事実のようです。

(やはり素人の目とプロの目は違いますね!)

 

花田優一は靴を芸能人にも売っている?

一般には、あまり積極的には注文を受けてないような印象も受けますが、彼は芸能人に積極的にオーダーをしてもらっているのでしょうか?

ただし、彼は所属事務所の雇用契約を解除されてしまったので、今までのように靴を芸能人に売るのは難しくなるのかもしれません。また雇用契約の解除だけではなく、彼は次にお話する「芸能関係の大物」の人とも靴のことでトラブルを起こしているようなのです。

 

花田優一の靴のトラブルとは?

ところで、彼の作った靴のクォリティということではなく、花田優一は靴のことでいくつかトラブルがあるという噂があります。

優一氏の靴を巡っては、現在もあちこちから複数のトラブルが報告され、問題になっている。前述のブログ更新日と同じ19日には、優一氏が芸能界の大物実力者からオーダーを受けたにもかかわらず、そのまま放置して芸能活動を優先し、揚げ句、作業を別の工場に下請けさせていたことが夕刊紙で報じられたばかりだ。

という驚くべきものです。

 

花田優一の靴が届かない

週刊誌「女性自身」でも、地方に住んでいる40代のAさんという男性が告発しています。

お金を花田優一に支払った一年後、Aさんのところに「靴ができあがった」という連絡が花田優一からあり、ホテルに呼び出されます。

ところが急に父(貴乃花)が倒れ病院に行くので会えないという連絡がAさんの元にあります。そして驚いたことに、

実は靴は未完成で、お父さんの入院を口実に面会をキャンセルしたそうです。

その後、何度かメールや電話をしたのですが、なかなか折り返しもなく、つながったと思ったら、

「連絡を忘れていました」と。

こちらも驚くべき話ですね。

しかしこういったトラブルは靴をオーダーしたお客さんからだけではなく、彼の工房に弟子入りした人立ちからも、‘パワハラ被害’といった疑惑があるようなのです。

 

花田優一の靴のトラブルに吉岡里帆の実弟も巻き込まれた?

実は、彼の工房には、女優の吉岡里帆の弟も弟子入りをしていました。

この弟は京都市内のフレンチレストランで働いていましたが、東京で成功している姉の姿を見て、自分も東京で力を試してみたいと思うようになったそうです。

Tくんを花田優一に紹介したのは里帆さんだと聞いています。
ただ里帆さんはTくんが東京で靴職人を目指すことには反対していました。

(Tくんとは吉岡里帆の弟のことです。)

希望抱いて状況した吉岡里帆の弟に待っていたのは、

優一氏は顧客たちからのクレームの処理をTさんにやらせていたのです。

前出の「Aさん」とこの吉岡里帆の弟はこのクレーム処理がきっかけで知り合うようになり、吉岡里帆の弟から、

「師匠が靴を作っている姿をほとんど見たことがない」

「お客さんからのクレームを報告しても、まともに取り合ってもらえない」

という話を聞くようになります。

そして、花田優一は靴を作りもせず飲み歩いて夜遅くまで帰ってこなかったと言います。

「師匠がやってることは、詐欺と言われても仕方がない。

でも、ここで逃げたら、私も’共犯’になってしまうから、頑張ってお客さんの対応を続けたい」

と、吉岡里帆の弟は苦しげに語っていたといいます。

偉大な父を持ち、裕福な家庭で育った花田優一。おそらく小さい頃からチヤホヤされてきたのでしょう。

イタリアでの修行は嘘ではないと思いますが、まだまだ職人としても人としても修行が足りないのかもしれません。

お客さんには謝罪をしたうえで、もう一度原点に立ち返って頑張って欲しいと思います。

 

一度は事務所を干された「のん」(能年玲奈)ですが、こちらはアーティストとしても頑張っているようですね。

のんこと能年玲奈の最新情報(現在)は?中国に進出?肌ラボのCM

Pocket

スポンサードリンク
俳優
琉球トム・クルーズ(画像あり)はハーフなの?身長はどれくらい?

琉球トム・クルーズを知っていますか? 俳優トム・クルーズのそっくりさんです。沖縄を中心に活動している …

女性
海老蔵の娘は小学生で「ぼたん」の名前を襲名、舞台デビューはいつ?

海老蔵こと歌舞伎役者の市川海老蔵(いちかわえびぞう)の娘(長女)ももう7歳になりますが、遂に「四代目 …

ファッションモデル
桑田真澄の息子がハーフ顔なのは整形?すっぴん画像あり

桑田真澄(くわたますみ)は元プロ野球選手。1990年代の読売ジャイアンツを長い間支えていました。引退 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.